フォト
2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

エスパルス

ブログで紹介した本

草花

  • ダイモンジソウ
    野歩きなどで撮影した草花などの写真をのっけていきます。 名前の同定については、あまり自信がないので、間違えがあったらご指摘いただければ勉強になります。

琉球のグスク・世界遺産

  • 勝連城から宮城野島方向を望む
    歴オタねたは、沖縄旅行のグスク・ウタキの写真からってことになりました。

ホエールウォッチング@沖縄

  • みんな大満足!!
    2007年2月9日 沖縄旅行の締めくくりイベントホエールウォッチングツアーの写真です。

富士山

  • 時の栖より
    お気に入りの富士山スポットでの写真など、載せてゆきたいのですが、ネタ系の写真からのスタートとなってしまいました。

この花なんて花?

  • 未同定06
    かわいい花だなっと思って写真に撮ってきても、後から図鑑で調べても判らない花を載せてあります。 どなたか教えてください。

野生ラン

  • ハコネラン
    ブログをはじめて、もう5年経ちました。 最初のころから、野草の写真をのっけてきていましたが、野生ランもいくつか見ることが出来ました。 保護されているところで撮ったものもありますが、野歩きしていると、偶然見つけることもままあります。 そんな時は、とても幸せな気分になりますね。 表紙のランは、あたしが一番好きなエゾスズランです。

2013年11月 1日 (金)

竹取物語 2題

久々に本の話を。

この秋、スタジオジブリで、「かぐや姫の物語」のアニメが公開されますね。

ジブリが竹取物語をどうアニメにするんだろうって、とても楽しみにしていて、角川文庫から「かぐや姫の物語」ノベライズ版が出たので、購入して読んでみました。
(このノベライズは文春文庫ではないんですね)

えぇっと、駄作です(-_-;)

内容的に、誰もが知っている竹取物語のストーリーそのままで、若干設定を加えた程度。

映像化すれば、それなりに映えるんだろうけど、それは映像による見せ方であって、ストーリーには全く目新しさが感じられなくて、少なくともこのノベライズには騙された感が大でした。

まぁ、公開されたら観に行きますけど、地井さんの遺作だし。

ところで、もうひとつ竹取物語をモチーフにした作品を最近読んだんですが、そちらはとても秀逸なので、御紹介したいと思います。

ポプラ文庫ピュアフルから出ている、『いまはむかし 竹取異聞』という本で、安澄加奈さんという新人の作家さんが書いたものです。

ネタバレにならない程度にお話ししますと、月夜見の娘のかぐや姫は太古の時代に地上の人が好きになって、地上に降りてきたんだけどその際に、地上で苦労しないように、富をもたらす能力を与えられていた。
そしてその能力は、娘のかぐや姫に代々伝承されてきていたんだけれども、それが争いを生み出してしまっていたため、月守の人々とともに隠れ里の竹取の里でくらしていた。

という、今伝わっている竹取物語とは異なる竹取伝説があった。

当代(奈良時代初期)のかぐや姫は、かぐや姫の富を狙う豪族に竹取の里を滅ぼされて、月守の少年とともに竹取の里を脱出し、自分も少年の姿になり、かぐや姫の因果から解き放たれることを目的とした二人の冒険が始まる。

二人は、物語をするのが得意な青年に出会い、さらにいろいろな出会いをしながら、冒険を続け、時の実力者の藤原不比等と対決したり、皇室との関係があったりしながら続いてゆく。

今に伝わる形の竹取物語がどのように成立したのかということのみならず、それ以外の説話の成立にも思いをはせたもので、とても新鮮に読み切りました。

登場人物の心理描写などもとても繊細で、とても美しいファンタジーで、荻原規子さんの世界に通じるものがあると思います。

こちらの作品こそ、映像化してほしいと心から思いました。

2011年9月 5日 (月)

超読了!!!!!!!!!!!!!!!

超読了!!!!!!!!!!!!!!!
塩野七生さんの「ローマ人の物語」。文庫で全43巻。
読了です。
タイトルにびっくりマーク15個つけちゃいました(^.^)
というのは、このシリーズは、ハードカバーでは全15巻なんですね。
読み始めたのは、2002年の6月ですから、足かけ10年かかりました。
この本は、以前勤めてた会社のOBの方の講話で、いい歴史書を読みなさいってことで、薦められてたんですけど、当時はまだ文庫化されていなくて、2002年の6月に文庫化が始まってから読み出しました。
最初の頃は、年にハードカバーで2・3巻分の配本だったんだけど、途中から年にハードカバー1巻分の配本になってしまって、毎年毎年、配本が待ち遠しい思いをしていましたが、遂に今年の配本で完結しました。
これだけ時間がかかると、最初の頃の本に書かれていた内容は、もう忘却の彼方ですねぇ(^^;
ってことで、今日から第2ラウンド入ります。

2011年4月 4日 (月)

新版 原発を考える50話

ここのところ、本屋・古本屋で、原発関係の本を探していたんですが、昨日、三郷のイトーヨーカドーにはいっている文教堂で、「新版 原発を考える50話」という本を見つけました。

岩波ジュニア新書で、西尾漠さんという方が書いているんですけど、そもそも、ジュニア新書って言うけど、内容的にはジュニア向きというわけではなく、原発問題の入門書としてはいいんじゃないのって感じでした。

基本的には、原発反対の主張なんですけど、電力事業者側の方々が、危険さを認識していながら公にしてこなかったかが分かりますし、都合のよいデータしか明らかにしてこなかったことが分かります。

おんなじ主張をしつこく繰り返すようなところもなく、過激すぎる主張もなく、原子力開発の歴史もわかるので、読みやすい本だと思います。

放射性廃棄物についての問題も判り易かったです。

っていうか、改めて、福島原発がこのまま小康状態から落ち着いてゆくにしても、その後に残っている核燃料の回収、放射性廃棄物の鎮静化に、莫大な費用と時間がかかってしまうであろうことには、言葉がありませんね。

この本は、2006年に出版されていて、あたしが買ったのは、2007年の第三刷です。

本屋には、平積みされていましたから、よっぽど在庫があったんだろうね(^^;

ぜひぜひ、お読みくださいませ。

2010年11月 9日 (火)

神田古本まつり

神田古本まつり
先週、神田古本まつりに行きました。
去年ブラタモリで紹介していて、次回は行ってみようと思っていました。
平日に行ったのですが、かなりの人出でしたね。
で、今回の収穫はこの本です。
『史疑 徳川家康』というのは、実は徳川家康は二人いたっていう話で、明治35年に、村岡素一郎という人が発表している説で、この説を元にして、幾つかの小説も書かれています。
あたしが大好きな、隆慶一郎さんの『影武者 徳川家康』も、この説から触発されたものだということです。
で、今回入手したこの本は、村岡素一郎の孫で直木賞作家の榛葉英治氏が、現代語に直して紹介しているものです。
現代語に訳した本が出ているのは知らなかったですね。

2008年7月10日 (木)

えぇーっと、6月は、、、

気が付いたら、ひと月以上書き込みサボってましたm(__)m

この間のエスパルス戦観戦は、

松本での、ナビ杯対FC東京戦

磐田での、ナビ杯対ジュビロ磐田戦

日本平での、再開されたリーグ戦対京都サンガ戦 の三試合観戦してました。

松本のサッカー場(アルウィン)は、雨さえ降らなければ、見やすいしいいスタジアムだと思いましたね。当日は雨でしたけど、、、。

試合は、簡潔に言うと、前回対戦で大勝して余裕こいてしまったエスパルスが、勝てる試合を引き分けた、と思っています。

続いて、磐田戦。予選リーグ突破がほぼ決まってたので、無理をしなかった。

そして、リーグ再開となった京都戦ですが、移籍したフェルナンジーニョに先制点を決められるなど、前半はいいとこなく、いつもの休みボケプレーでしたが、後半は枝村と原?の得点で、何とか勝つことができました。休みボケを45分で直すことができたのは、成長だったのでしょうか?

エスパルス以外のことでは、歯痛になりました。

松本でのFC東京戦のあと、松本市内に泊まったのですが、翌日起きてみたら、虫歯に治療あとのかぶせものが取れてしまっていたのをほっといたところが痛み出して、その日は大事をとって、観光をやめて豊田に帰ったのですが、その翌日からひどい腫れになって、会社を早退して歯医者に行きました。

今は、治療中で痛みはないんですけど、来週抜歯の予定です。

あとは、7月27日のビーチサッカーに向けての勧誘活動で、関東球蹴りに行ったりもしましたけど、そのほかは、梅雨時ってこともあってあまり特筆することはないですね。

あ、そうそう、ここのところはまっていた本はあります。

化野燐さんの『人工憑霊蠱猫』シリーズ

講談社新書で、今のところ7作出ていて、そのうち2作は文庫にもなっています。

最初は、文庫で1作目を読んで、これは面白いと思って、2作目の文庫化が6月だったので、ここまでは文庫で読んだんですけど、3作目からは新書をあっちこっちの書店で探して何とか揃えて、先ほど、既刊分は読了しました。

一冊一冊新しいアイデアで構成してあって、とても面いです。次はどんな展開になるのだろうか。

そういえば、文庫で読み始めて、文庫化されるのを待ちきれずに、新書を買い始めたシリーズってほかにもあります。

柴田よしきの『炎都』・『禍都』・『遥都』・『宙都』シリーズ。これは、『宙都 第四之書』で止まってしまっています。

高田崇史の『QED』シリーズ。これはいろいろ巾を拡げながら続いています。

今野敏の『ST警視庁科学特捜班』シリーズ。これもしばらく最新刊が出ていないようです。

篠田真由美の『龍の黙示録』しりーず、これは舞台をイタリアに移してベネチア、トリノまで来ていて、おそらく最終作のローマが次の作品なんだと思いますが、ちょっと時間がかかっているかなぁ。

2007年8月12日 (日)

田沼意次について追加

以前読んだ本で、平岩弓枝さんの「魚の棲む城」というのがあって、この本は田沼意次を賄賂政治家といった面からではなく、新たな視点で捉えていて、お勧めです。

平岩弓枝さんの本では、「妖怪」もお勧めだな。これは、遠山の金さんと同時期の江戸町奉行で、庶民からは嫌われ者だった「鳥居耀蔵」を扱った本です。冒頭が明治初期の東京で、鳥居耀蔵が明治まで生きていたことに、以外って感じで読みました。

長編は苦手という方には、「ちっちゃなかみさん」が超お勧め。

江戸の人情を描いた短編集なんですけど、泣けます。間違いない。

平岩弓枝さんの歴史&時代小説は結構好きで、文庫化されたものはそこそこ読んでいるんですが、『御宿かわせみ』だけは、まだ読み出す踏ん切りがついていません。だって、読み出したら、とてつもないことになりそうなんだもん。

わいろ最中&大宮戦

お盆休み初日の8/11(土)

エスパルスは、ホーム日本平で、大宮戦です。

関東に住んでいたら、東名・246どちらも渋滞で大変だったんだろうけど、豊田からは渋滞逆方向です。

そのうえ、国道301号で三ケ日・国道362号で天竜とかやっているから、帰省ラッシュなんてどこ吹く風です(^^:

さらに今回は、この前書いた相良の『わいろ最中』の真相を確かめるべく、掛川~菊川~相良というルートで、まずは、相良城址を目指しました。

Dsc01105 相良城址は、現在牧之原市相良庁舎と相良資料館になっています。

あたしが田沼意次について知ったのは、NHKの時代ドラマ『天下御免』でした。平賀源内(山口崇)を主役にしたドラマで、杉田玄白を坂本九、『ずーとるび』結成前の山田隆夫も子役で出てましたね。

資料館は、後期田沼家(意次の孫の意正が相良に再封されて以降)の遺物が中心でしたね。

で、資料館のおじさんに『わいろ最中』を売っている場所を聞いたら、御前崎のほうに向かったところにあるお菓子屋さんとのこと、時間にも余裕があるので、早速向かって、ゲットしました。Dsc01106 Dsc01107

お店で応対してくれたのは、品のいいおばあちゃんでした。

おばあちゃんは、TVチャンピオンは見なかった(放送されたのも知らなかった)とのことですが、この日は豊橋からも買いに来た方がいたらしい。

粒あんのものと抹茶入りのものと2種類あって、どちらにも相良茶のティーバックが入っています。『したごころ』というぽち袋には、この企画の趣旨が書かれた紙が入っていました。

このお店のほかでは、東名の牧の原SAの下り線でも売っているが、金曜の夜納入で、売り切れ御免だそうです。

企画した遊人塾のホームページでも買うことができます。

で、ようやっと足を日本平に向けます。

イヤー、暑いの何の。さらに、タオルを車の中においてきてしまって、、、

で、オレンジダービー限定セントウグッズの『タオルマフラー・リストバンド・メガホン』のセットを買うことにします>そういう理由かい(^^;

試合についてはう~ん、すっきりしない。

2-2の引き分けだったんですけど、決して休みボケの試合ではありませんでした。

でも、ホームでは勝たないとねぇ。

あと、おんなじ様な点のとられ方してたし、、、

大分戦は行けないけど、次のホーム8/18の川崎戦はきっちり買ってほしいです。

あ、もちろん大分戦も勝ってね。

最後にこの日の日本平からの富士山です。Dsc01120

2007年7月14日 (土)

空振り(T_T)と予想外(=^・^=)

台風が近づいているので、この週末は、比較的おとなしくってことで、今日は名鉄&地下鉄で、名古屋の書店めぐりに行ってきました。

ネットの事前情報で、専門書がありそうな書店は、テルミナの三省堂か名鉄百貨店の紀伊国屋かなぁってことで、とりあえず名駅方面へ行ってみることとしました。

で、名駅というと実は課題が残っていまして、ホテルアソシア名古屋ターミナルの一階にある喫茶店の味噌スパゲッティをこのブログに載せるというミッションをまだできていませんでした。

この味噌スパゲッティは、数年前に神戸ウィングスタジアム(現ホームズスタジアム神戸)にエスパ戦観戦に行った時、帰路大阪~(近鉄特急)~名古屋~(中央高速バス)~新宿というルートをとったことがあって、その時に食べて、これが名古屋人の味覚かぁ~!って、感動?したということがあったので、是非裏を返してこのブログにと思っていたのでした。

で、今日行って見たら、なんとメニューに載っていない。

帰って来てから店のHPのぞいたら、一応メニューには載っていて、ランチタイムメニューからは外れているっぽい?

ということで、このミッションは継続課題となりました。

で、とりあえずカツサンドを食べて、テルミナの三省堂へ。

この店は、三省堂のHPで、専門書五つ星になっていたので期待度大だったのですが、う~~ん、いまいち。

とりあえず某資格試験の申込書だけゲットして、名鉄の紀伊国屋へ、こちらもいまいちだったのですが、とりあえず某その2資格試験の参考書と、「富士山の植物図鑑」という本を手にして、レジに向かおうとしたら、新刊書のコーナーで思わず見つけてしまったのは、

「塩野七生『ローマ人の物語』スペシャル・ガイドブック」

塩野七生の『ローマ人の物語』シリーズは、「ローマは一日にして成らず」から「すべての道はローマに通ず」まで、文庫化されたものはすべて読んでいて、次回配本を楽しみにしているところだったんですが、このスペシャルガイドブックは、思わず衝動買いしてしまいました。

で、専門書についてはかなり、不満が残っていたので、栄方面に行ってみることにしました、地下街を歩きながら探していて、一番最初に見つけた本屋さんがスカイル5Fの「あおい書店」。

東京のあたしの行動範囲にはなかった書店だったので、あまり期待せずに入ったのですが、

「えぇ~! こんなに~~!!」

専門書の品ぞろえが半端じゃないです。

為麻呂的には、「幸せになれる本屋さん!」。

彦摩呂風に言うと、「専門書の宝石箱や~~!!」っていう感じでした。

で、前々から、化学工学の入門的な参考書を探していたのですが、一冊選ぶことができました。

そんなこんなで、本日のお買いもの、書籍だけで諭吉1名です(^^;

最近のトラックバック

無料ブログはココログ