フォト
2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

エスパルス

ブログで紹介した本

草花

  • ダイモンジソウ
    野歩きなどで撮影した草花などの写真をのっけていきます。 名前の同定については、あまり自信がないので、間違えがあったらご指摘いただければ勉強になります。

琉球のグスク・世界遺産

  • 勝連城から宮城野島方向を望む
    歴オタねたは、沖縄旅行のグスク・ウタキの写真からってことになりました。

ホエールウォッチング@沖縄

  • みんな大満足!!
    2007年2月9日 沖縄旅行の締めくくりイベントホエールウォッチングツアーの写真です。

富士山

  • 時の栖より
    お気に入りの富士山スポットでの写真など、載せてゆきたいのですが、ネタ系の写真からのスタートとなってしまいました。

この花なんて花?

  • 未同定06
    かわいい花だなっと思って写真に撮ってきても、後から図鑑で調べても判らない花を載せてあります。 どなたか教えてください。

野生ラン

  • ハコネラン
    ブログをはじめて、もう5年経ちました。 最初のころから、野草の写真をのっけてきていましたが、野生ランもいくつか見ることが出来ました。 保護されているところで撮ったものもありますが、野歩きしていると、偶然見つけることもままあります。 そんな時は、とても幸せな気分になりますね。 表紙のランは、あたしが一番好きなエゾスズランです。

2011年4月 4日 (月)

新版 原発を考える50話

ここのところ、本屋・古本屋で、原発関係の本を探していたんですが、昨日、三郷のイトーヨーカドーにはいっている文教堂で、「新版 原発を考える50話」という本を見つけました。

岩波ジュニア新書で、西尾漠さんという方が書いているんですけど、そもそも、ジュニア新書って言うけど、内容的にはジュニア向きというわけではなく、原発問題の入門書としてはいいんじゃないのって感じでした。

基本的には、原発反対の主張なんですけど、電力事業者側の方々が、危険さを認識していながら公にしてこなかったかが分かりますし、都合のよいデータしか明らかにしてこなかったことが分かります。

おんなじ主張をしつこく繰り返すようなところもなく、過激すぎる主張もなく、原子力開発の歴史もわかるので、読みやすい本だと思います。

放射性廃棄物についての問題も判り易かったです。

っていうか、改めて、福島原発がこのまま小康状態から落ち着いてゆくにしても、その後に残っている核燃料の回収、放射性廃棄物の鎮静化に、莫大な費用と時間がかかってしまうであろうことには、言葉がありませんね。

この本は、2006年に出版されていて、あたしが買ったのは、2007年の第三刷です。

本屋には、平積みされていましたから、よっぽど在庫があったんだろうね(^^;

ぜひぜひ、お読みくださいませ。

2011年3月23日 (水)

暫定基準

あぁ、また買占めパニックになるぞう。

そもそも、暫定基準決めるうえでのリスク管理が出来ていないよね。

東京都の上水道(金町浄水場?)から、暫定基準を超える放射線物質が検出されたって。

とはいいつつ、健康には問題ないからと言いながら、乳幼児には飲ませるな。

これでは、当分、都内のスーパー・コンビニからミネラルウォーターが姿を消しそうですね。

そもそも、暫定基準って、どうやって決めたのかなぁ。

定常時の基準を、今現在当てはめるべきでは無いと思うんだがなぁ。

暫定基準を超えた農作物が出荷停止と停止となっている中、上水道は止めるわけにいかず、統一した対応が出来なくなってしまっている。

恐らくは、今後も暫定基準を超える食品は出続けるのは必至で、暫定基準の引き上げが必用になるが、これは相当な混乱が伴うのは間違いない。

ひとえに、放射線物質の拡散状況の把握・推定を間違えたことにより、必要以上に厳しい暫定基準を、この非常時に出してしまったことに原因がある。

とりあえず、あたしは、とくに選ばずに、あるものを食べる・飲む。

2011年3月20日 (日)

もう一言、原発について

今日は、神谷町→六本木→赤坂→麹町と歩いて回って、最終的に神保町にいってました。

都内は人出が少なかったですね。

神保町では、広瀬隆さんの著作があるかと思って、見て回ってました。

前のブログに書いた、柏崎苅羽原発の活断層の話ですが、確か広瀬隆氏の『危険な話』で読んだのではないかと思っています。その後、何度か転居等があったので、今は手元にないので、その辺の本がないかと思って回ったのですが、結局見つかりませんでした。

三省堂のノンフィクションのコーナーでは、広瀬隆さんの著作があったと思われる書棚が、約20cmほど、ゴソッと空いていて、えぇっ、これは買い占め?(^^;とも思いました。

『東京に原発を』があったら買おうと思っていたのですが、結局見当たりませんでした。

この本は、原発の事業者の方々が、「原発は絶対に安全だ!」というんだったら、「じゃあ、東京に原発を造ったらどうですか?」という問いかけの本だと記憶しています。

読んでいないので、違っていたらご指摘ください。

ここで、原発問題に関しての、あたし為麻呂の立場を書いておきます。

基本的に『疑問』。

反対運動に身を投じるには、力が小さすぎると思ってしまったんでしょうね。

ただ、反対運動側の立場の方々の主張のほうが共感できる。

まして、核燃料廃棄物の問題を考えたら、『原発はクリーンなエネルギーだ』というキャンペーンには、嫌悪感すら感じる。

今回の原発事故を機会に、すべてのデータを隠蔽なく公開して、原発問題をオープンに議論して、みんなで、討論できるようになればと思っています。

現状、原発問題に関して、マスコミが相手にしている専門家というのも、事業者の立場に立った方々ばかりというのも、どうかなぁと思っています。

かといって、不安を煽るような方々では困るんですが。

これまで、事業者が電力の民需をまかなうために、原子力を選択してきたのは、ある意味仕方がないことだとあたしは思っている。

しかしながら、ただ、『原子力は安全だ!』&『原子力はクリーンなエネルギーだ!』というキャンペーンのみを行ってきて、原子力の危険性を正しく伝えずに、自由な討論を阻害してこなかったか?

あぁっと、あたしが言う事業者には、電力会社のみでなく、原子力政策も含んでいます。

とはいっても、こんなことを言うより、福島原発の状況が改善されるのを願うほうが先ですね。

現場で作業されている、東電および関連会社の現場対応の方々、自衛隊・消防の方々が、安全に作業をされることと、緊急電力供給や放水などの安全化処置が、順調に遂行されることを祈っています。

原発についてもう一言

福島第一原発については、東電・自衛隊・消防の決死の作業で、小康状態を維持できているようですね。

映像だけををみると、かなり悲惨な状況になっていますが、今のところは当局発表を信じようと思っています。

しかしながら、あのような悲惨な映像の原因となった、水素爆発については、一言言いたい。

そもそも、日本の原発は、多重の防護を謳っていて、ジルコニウム被覆された燃料ペレットも、放射性物質を飛散させないための防護の役を担っているものとされている。

しかしながら、そのジルコニウムが、水を分解させて水素を発生している。

今回の原発の爆発が起こった時に、爆発の原因として、水素爆発が原因とされたが、原因の推定があまりにも速かったと思います。とうことは、高温化したペレットが水と反応すると水素が発生することは、事業者には想定出来てたっていうことでしょう。

この、原発での水素の危険については、いままで知りませんでした。

この点については、事業者は知っていながら隠していた可能性が高い。

原発問題については、これまでの事業者の隠蔽体質が、あたしの不信感を増大させているんですが、またかよって感じですね。

かつて、柏崎苅羽原発が地震で被害を受けた直後に横浜で球蹴りがあって、その後の飲み会で、事業者側の方と議論してしまったことがありましたが、その時は、柏崎苅羽原発の近くに活断層があるというデータがあったのに、そのデータを隠蔽して建設したのではないかってことでした。

そういえば、その事業者側の方は、その2ヶ月後くらいに、球蹴りから消えて行きましたが、そのころ、活断層問題が報道されだしてましたね。

2011年3月18日 (金)

セ・リーグは、3月25日開幕強行

友人のYANAさんに便乗企画です。

プロ野球のセ・リーグが、3月25日からの開幕を、強行決定しました。

東京都の状況を見てみると、確かに東京ドームのある文京区、神宮球場のある新宿区は、計画停電のグループ分けから現状で除外されている。

しかしながら、停電範囲に入っていなければ、自由に電力を消費していいということではないはずだ。

じつは、あたしの居住地域の葛飾区もグループリストには記載がなく、それを、心苦しいことと感じている。

現状の多くの方々が感じているのは、停電が、平等にかつ計画的に実施されるのならば、喜んで協力しようということだと思う。

停電するのは、グループのうちの一部とか言わずに、予定に入っているんだったら、こっちは準備しているんだから、停電していいよ。その代わり、交通機関は優先してほしいっていうのと、みんなに平等にしてってことだと思う。

だから、文京区、新宿区そして、あたしの住んでる葛飾区も、計画的に停電にしてほしい。

需給状況で判断するのではなくて、計画したところは、その通りに停電していいのではないかと思う。

ええっと、話がちょっとずれたけど、ナベツネ氏は、今現在一般庶民がどれだけ日常生活を維持するのに、労力を使わなければいけないかを理解していないね。

みんな、被災地の人たちのことを思って、多少の不便さには、容認している。

彼の周囲には、物があふれているし、自分で獲得の努力をする必要がないんだろうね。

この前報道されていた、巨人ー阪神のチャリティマッチも、偽善に見えてしまう。

それでは、選手達が報われないじゃない。

それ以上に、あの人を止めることができる人がいないというのが情けない。

今日の、電力危機の大臣会見を鑑みて、考え直してくれることを願う。

2011年3月15日 (火)

誤解のないように

昨日から、原発についての発言をしていますが、現状原発がないと日本の電力必要量を確保できないのは判っているし、電気があるのが当たり前の生活に、自分自身つかりきっているわけで、原発反対が現状では現実的ではないと思っています。

ただ、『原発は絶対安全だ』という主張をする方々や、『原発はクリーンなエネルギーだ』というキャンペーンには不快感を感じていました。

昨日の発言は、データの隠蔽があったのではないかということで発言したもので、またいつもの東電かと思ってしまったことを書いたものです。

昨日の発言のコメントにも書きましたが、ソースはTBSの報道番組中の福島県災害対策本部で行われた東電の配布資料について、JNNの萩原キャスターがレポートしたものです。

ただ、この件については、ネット上に信頼できる機関のリソースは上がって上がっていないようです。

現在、現場で安全化対応をしてくださっている方々には、敬意を感じています。

すでに、現場ではマイクロシーベルトから、ミリシーベルトのレベルになってしまっているようで、生命の危険を感じながら作業をしているものと推察します。

このまま、安全化処置が順調に進捗し、異常な状況が解消されることをこころより願ってやみません。

2011年3月14日 (月)

福島原発

大変なことになっていて、東京電力が一生懸命保安作業しているのはわかる。
でも、公開されていることに疑問が。
境界モニター値が、昨日の午後に1557.5マイクロシーベルト/時になって、その後低下していると発表があったが、深夜になって、1557.5マイクロシーベルト/時の測定値が三時間半に渡って継続していた事が、実データを記した表で報告された。
この件については、現在はほとんど報道で触れられていない。
嘘のデータを報告していた事も問題だが、もっと大きな疑問は、三時間半に渡る数回の測定値が、全て1557.5マイクロシーベルト/時と、まったく同一の値であること。
通常ならありえない。
考えられる事は、a.測定器・計測システムの故障で、データの更新がされなかった、b.測定器の最大測定値が1557.5マイクロシーベルト/時で、本当はそれ以上の数値だったのに計測出来なかった。
どちらにしても、正確な値を計測できていない事になるが、b.の場合は深刻な事が考えられる。
それにしても、この疑問を何処のマスコミも報道していないのは何故か?

2011年3月13日 (日)

地震、大丈夫でしたか?

すでに、まる二日経ちますが、ブログご覧の皆様は、大丈夫だったでしょうか。

被災にあった方々には、心よりお見舞い申し上げます。

地震の当日は、午前勤務だったため、14時ころ家に戻って、翌日のエスパルス戦の前乗りのため、出発した直後に環七で地震にあいました。

その時は、ここまでの大惨事だとは思わず、ラジオで状況を聞きながら、しぞーか方面に向かっていたのですが、首都高・東名が不通となったため、下道に交通が集中して、大渋滞でしたね。

三時間くらいで、川崎あたりに来た時に、Jの試合がすべて中止になったことを知りましたので、予約していたホテルのキャンセルの処理をして、戻ることにしたんですが、都内を抜けて戻るのも大変でした。

彼女を後ろに乗っけて走っているバイクが多かったですね。

ライダーさんが、アッシー君として大活躍だったようです。

都内は、停電もなく交通がマヒしている以外は、普段と変わりがないように思えましたが、今日、ご飯を食べるために車で外出してみたら、ガソリンスタンドに長蛇の列が。

すでに、多くのスタンドでガソリンの在庫切れで、在庫が残っているスタンドに集中しているということのようです。

ということで、遠出はできないし、ご飯食べたらサッサと自宅に戻ってきました。

とりあえず、節電しつつ本でも読んでいるのが、いいみたいですね。

2010年10月 9日 (土)

雨だったので

今日は、静岡県内を観光して回るつもりだったんだけど、あいにくの雨。

どこか、屋内で時間がつぶせるところっていっても、そんなにないんだよねぇ。

大体、静岡県は、県立の博物館が無い!!!

で、まず駿府匠宿へ行ってみたんだけど、駐車場が有料だってことで却下。

とりあえず、西方面にドライブしてみようかって、150号を走っていて思いついたのが、

「浜岡原子力館」。

一回は行っておこうと思っていたんですが、まだ行っていませんでした。

201010091913381 

で、着いたのがお昼ちょっと前。なかなか立派な建物です。

あたしが、原子力発電について、どういう考えを持っているかは、ここでは秘密にしておきます。(以前、球蹴りの後の某中華料理屋で、この手の話題で特大地雷を踏んでしまった経験があるので...)

内容としては、かなり展示も充実していました。

201010091914351

写真は、プルサーマルの説明の映像ツアーで、客席をクロマキーで取り込んで、観客が画面上の乗物に乗っているように見せているものです。(このときの観客はあたしだけ)

で、この映像ツアーは、ほんの一部で、メインは、オムニマックスシアターという、球面状のスクリーンに映像するシアターです。

2種類の番組(それぞれ40分くらい)を1時間おきに上映しています。

1本目は、『プレヒストリック・パーク』という恐竜を6500万年前から現代に連れてくるっていうものでしたが、まぁ、明らかにジュラシックパークにマルCが付きます。

2本目は、『ブルーオアシスIII』というもので、こちらは、海の生き物を撮影したもの。

こちらのシアターは、各回7~8割くらい、席が埋まってましたねぇ。

で、これで、入館料・駐車料すべて無料。

これは、しぞーかにお住みのお父さん&お母さん、行ってみるしかないでしょう。

その後は、袋井で『たまごふわふわ』を食べてみようかなぁと思って、袋井へ。

ところが、袋井まつりで、どうも街中は避けた方がよさそう、ってことで、国一に出たら、すぐに「鐘庵」があったので、桜エビに変更です。

『駿河丼』(釜揚げ桜エビと釜揚げしらすをのっけた丼もの)と、桜エビかき揚げを頼みました。

以前は、桜エビかき揚げ¥200-だったと思ったんですが、¥230-に値上がりしてました。

20101009191252

最近のトラックバック

無料ブログはココログ